スポンサーサイト

これにて,あ,一件落着。

納品しました。ポジションはソファ横。高さは座面と同じくらい。手前のテーブルは前納したもの。大きな一枚の板から切り出したものがすべて揃いました。くっ付けるとこんな感じ。木目が通っているのがわかります。手前の足りない部分がそれぞれのテーブルの脚となりました。余すとこなく使えて良かった。これにてレオ材を使ったテーブルは完成をみました。豊中市在住N様ありがとうございました。...

大詰めを迎えました。

 オイル塗装が乾いたので最後の化粧をする。丸く切ったフェルトを足裏に貼った。完成。後は配達。この写真の色が僕が目にする色に一番近い。角度によってこんなにも黄色が強く写る。写真は難しいですね。...

オーラス。

さまさかの図。完成の暁には見られることのない部分。最後のスポットライト。柱が底板と脚を貫通して強度をかせぐ構造。脚のカタチは初の試み。天板をつけて加工終了。一度目の塗装。...

・・・っていわれても困るよね。

見た目は単純だが、なかなか完成しない。作業工程の見直しをしている。段取り8割というが,まさにその通り。特にデザインにおいて初期段階での決定を明確に詰めなければならない。・・・と考えております。...

今更所信表明。

直感をたよりに物事を進めて上手く行く場面とそうでない場面。経験を重ねてくると直感に頼るのを忘れる。怖くなるのかも。今回のサイドテーブルは直感を基軸に進めている。加工をここで止める、という判断を直感に頼るのだ。...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。