スポンサーサイト

納得できない。

楔を使わず、摩擦係数だけで仕込む玄翁のすげ方でやってみたのだが、半分チョイで硬くなった。テーパーがきつかったかな。これ以上柄尻を叩くと柄が割れてしまう。私は、玄翁では最後まで柄を入れきらずに、途中で止まってしまうくらい硬めに仕込む。どうせ緩む。抜けはしないが。そのときにまたコンコンと柄尻を叩いて進むだけすげてやれば良い。でも、説明がないと途中で投げ出したような、中途半端で弱いモノに映ってしまうから...

ヘビーすね。

頭も十分にでかい。癖のあるめくれが確認できます。準備がそろったので仕込みます。...

大は小をかねるがしゃもじはみみかきにならず。

玄翁の柄を多数すげ直したおかげか。現場で使う大ハンマーを直してくれとの依頼が。柄が1m。なげ。...

完成のブルース。

柄には椿を使っています。庭にあったのだが、伐採の憂き目に。玄翁の柄にとっておきました。刃物の通りもよく、艶もあり良材だと思いますが、玄翁の柄としては不向きだと思います。しなり、ねばりが無いように思われます。ある日バキッと折れる気配。やぱすげ直しかな。折れるまで使いますが。...

それでも道は続く。

先の玄翁による実験結果から導き出されたひとつの答え。こんなにでかい。柄の長さは一緒。...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。