FC2ブログ
--
--  --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

08
2013  12:22:58

再開狼煙アゲアゲでよろしく。

P4100025.jpg


天板を作った状態でフリーズした小いさな作業台制作。
ようよう作業再会。


P5230011_20130601124307.jpg


材料を集める。
タモ、ナラの混合。
小さくとも作業台、
ゆえに頑健さ、は譲れない。


P5240016.jpg


まずは部材を組み合わせバランスを見る。
僕の場合、この作業で部材の厚みを決定する。
過去の実例から部材サイズの見当を付けるものの、
42ミリにするか38ミリにするか?
具体的な4ミリくらいのバランスは実物を見たほうが納得する。
いや、見ないとわからない。僕は。
この作業は時間かかる。
やり直しになる、やり直せるのもこの場面。

高さ・幅・奥行・全体のバランス・デザインは
お客さんとの打ち合わせで決まる。
それこそがお客さんのニーズだから。
ところが、それを再現するための材料の選定・組み合わせ方・太さなどは
製作者のさじ加減で左右される。(一般的に。希に図面や、板の指定はあるけれど。)
製作者の意思が一番出るのかな?とも思う。


スポンサーサイト

 家具

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。