FC2ブログ
--
--  --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

09
2013  10:30:50

ばっちこい。

P5220009.jpg


始まりましたバチ削り。

最近知り合った太鼓の仲間からご依頼いただきました。
彼女が代表を務めるチーム用のもので約30組。
撥は2本でひと組なので約60本の丸棒を作ることになります。

一般的に使われている太鼓のバチは太鼓屋さんで購入します。
ろくろで丸棒にしたものをペーパー掛けして必要な長さに切られ、
両角を丸く落としてあります。

カグマサ自身、太鼓を打ち必要なバチは自作します。
これはカンナで一から削ります。

今回のご依頼も全てかんなで仕上げます。
これは
機械のように削り落とすパワープレイと
すべらかに表面を削り均す繊細なタッチ
2つのかんな使いを求められる単純で気のいる作業です。

先に作業の困難さを知らしめておいていよいよ木取り。

材は檜です。
4mの中から節のない部分を選び出し必要寸法に切り落とします。


P5220010.jpg


必要な長さに切り、
仕上がり寸法より約3ミリ大きい角材に整え、
積み上げ乾燥させます。

材木屋さんは「バッチリ乾燥している。」
とおっしゃいますが、
これだけ材に負担をかけると不機嫌になります。
休ませてあげましょう。

1週間以上ほおっておきましたが、たいして暴れませんでした。

では、削りましょう。


P5290083.jpg


こんな作業台で削ります。

丸くなればなるだけ安定しなくなるので
最後は手で持って作業します。

かんなは普通の平カンナで小さいものを使います。



スポンサーサイト

 太鼓

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。