スポンサーサイト

君何守る?

写ってるだけで5匹。実際には20匹はいる。ヤモリ。家守り。こんだけ多いとウンチの量も半端ない。ねずみがでたか?とうろたえるくらいご立派な物をお残しなさる。当然、営まれる。あちら、こちらで。俺は変態かっ!てちょっと思った、書いててね。...

血には逆らえない。

こちらは臥牛(がぎゅう)というもの。ぺろーっと茎が出て花をつけた。ちょっと写っているアロエみたいなやつの花もまったく同じ、鈴型薄ピンク。科がいっしょだか属がいっしょだか。似ても似つかぬ姿なれど、流れる血潮は兄弟仁義。意味不明。...

いただき物じゃんごぅ。

ある夜の工場。いただき物の植物でいっぱい。足の踏み場も・・とはこのことだ。名前もわからない奴等だが、ここはひとつ仲良く頼むぜ。良い緑色やナ。陽の中で見たらこんな子達。葉が少ない、ソテツ系。美しくない剪定具合。野放図。・・ま、よろしく。ジャングルになってね。鉄の棚もいただいたので整列させた。...

難しいのやら易しいのやら。

ぐだぐだな胡蝶蘭を3ついただき、植え替え。花には興味ないが、この根っこの造形美よ!あっちゃこっちゃいきよるね。最高。水はほとんどやら無くてよいらしい。うーん、手をかけたい・・...

姿うらはら。

鈴のよう。下から順に、毎日咲き上がる。女王錦という名。...

名も知らぬ。

これだけ愛らしいともはや雑草とは呼べなくなる件。...

オブジェ・ディテイル。

オブジェ完成。こちらは大阪・箕面西宿にあるケーキ屋さん‘ハートフル’さんからのご依頼。「暖かい感じで、森のような・・・」位のイメージを伝えていただいたが、それも「お任せします。」と一任いただいた。とにかく悩んだ、案が浮かばなくて。思いつくイメージを具現化すると、お店の雰囲気にそぐわないような気がして却下。そのくせアイデアを手放したくなくてうじうじと引きずっていたのが敗因。一から出直したら少しづつ前進...

組み上げ。

神殿と太陽をジョイント。翼あるいは木に星をチェイング。樹には鳥を止まらせる。上むき。目は手塚先生っぽくなった。神殿に樹を植える。樹に根が生える。...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。